相続の相談ができる機関や手続き

相続について相談できる機関

自分の家族の相続について相談をしたいけれど、いったい相続というのはどこに相談すればいいのかわからないという人も多い様ですね。

実際には、相続について相談する事ができる機関は複数あり、少し紹介したいと思います。

遺産相続相談については弁護士や税理士、または司法書士などが挙げられます。また銀行を利用する人もいる様ですね。相続について方法を知りたいというだけでなく、トラブルになりたくないという事で、相談できる機関を見つける人もいる様です。遺言書が遺されている場合であっても、十分な記載がない場合などもある様です。

ややこしくなりそうな時には専門家を頼り相談する事で、無事に相続を解決する事ができれば家族が幸せに生活できる事でしょう。

また、弁護士や司法書士において相続手続きの相談、代行も行っております。

相続手続きの他にサポートを総合的にする事務所に相談

相続が発生した場合、しっかりとサポートをしてくれる弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。 相続手続きに慣れているという人はあまり多くなく、手続きの流れなどもわからないことが多いので、相続業務を行っている弁護士や司法書士の専門家からアドバイスを貰いながら手続きを進めていくと滞りなく遺産の分割や相続関係の登記手続きを進めることができます。

個別の手続きを依頼するよりも総合的にサポートをしてもらうことができる契約を結んでおいたほうが、もれなく処理ができるでしょう。 経験豊富な事務所を選択することも重要なポイントとなります。

相続登記についての相続相談は司法書士にしよう

被相続人が死亡すると、当人所有の不動産は相続人に承継されるので、相続登記をすることになります。登記は不動産を管轄する法務局で行います。そこで、不動産の名義を被相続人から相続人に変更するのです。

登記の申請は、相続人本人が申請することも可能です。ただし、登記申請書は法律で決められた書式で作成する必要があるので、素人には難しいかもしれません。そこで、あらかじめ司法書士に相続相談しておくことをおすすめします。大阪には相続登記を扱う司法書士がたくさん存在するので、相続相談するのに事欠くことはないでしょう。

様々な相続の事情
おすすめの相続情報を掲載。

相続税が発生するケース

亡くなった人の遺産を受け継ぐことを相続と言い、その遺産には税金が掛かります。 税金が発生するケースは、現預金、土地や家屋などの不動産、有価証券などのプラスの財産から、住宅ローンなどの借金や葬儀費用といったマイナスの財産を引いて残額がある場合です。

ただし、税金の計算においては基礎控除額があり、残額よりその基礎控除額が多いケースでは税金は発生しません。基礎控除額は、法定相続人の人数に600万円を乗じた金額に3000万円を加算した金額となります。

なお、税金は相続が発生した翌日から10ヶ月以内に行う必要があり、それまでに遺産分割が終わらない場合は、一旦、申告をして、後から修正申告をすることになります。

相続手続き相談 相続税の税務調査について。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.