相続の相談ができる機関や手続き

いろいろある相続関連の手続き

実際に行われている相続の手続きはシンプルな物ばかりではありません。

相続関連の手続きにおいて、銀行預金の名義を変更する手続きを行ったり、不動産の名義変更、生命保険の受け取りや、他にも株式などを相続する事もできます。

ですので、自分が所有している財産をすべて含めて、どの様に遺された家族に相続するのか考えないといけません。

相続関連の手続きの中でも、不動産はそのままでは複数の人に分割する事ができません。分割のための手続きをどうしても行う必要があれば、売却してお金にしてから平等に分割するなどという方法があります。場合によっては、ややこしくなるケースというのもあるかと思います。

特定の相続人に遺産が多すぎる場合の遺産相続手続き

遺産相続は原則としてすべての相続人に平等に相続されるように法律で決められています。しかし、亡くなった人の意思により特定の相続人に遺産を相続させたい場合には遺言書をもってこれが指定できる決まりになっています。

この場合の遺産相続手続きは公的な遺言書をもって証明されなければなりません。また銀行等の預金においては相続人全てがその内容に同意したことを示す協議書が必要になるため、相続人の中の1名でもこの内容に反対している場合には預金はおろせない形になります。 このような場合の遺産相続手続きは専門知識のある弁護士に依頼するのが確実です。

相続関連事情
おすすめの相続情報を掲載。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.