相続の相談ができる機関や手続き

誰にでも可能性がある遺産相続のトラブル

私はお金持ちではないから遺産相続のトラブルなんて関係ないと思っていて、遺言書の作成などの対策を全く行っていない人も多い様ですね。

しかし、遺産相続のトラブルというのは誰にでも可能性がある事ではないでしょうか。預金の他にも不動産や株、土地、保険金などいろんな物を合計すると最終的にかなりの金額になってしまったりする事もあるかと思います。

預金が少ないという事が遺産相続のトラブルと関係ないとは言い切れないでしょう。遺産相続のトラブルで自分の子孫が揉めている所を想像すると辛いですね。

遺産相続のトラブルを少しでも減らすためにも、遺言書を作成しておくと、回避できるかもしれませんね。

相続の相談と成年後見人

高齢になると認知症になるリスクも増え、これは人事とは言いきれないでしょう。そんな時に家やお金の相続を行う必要が出てきた時にどうするかという問題があります。

本人は判断ができない状態になる事もあります。そんな状況の中で不動産の名義を変更するなどという事は法律家に相談しても、かなり大変な労力を必要とします。そこで、相続の相談と成年後見人については若い間から考えておきたいですね。

相続の相談といえば高齢者が行うという印象を持つかもしれませんが、そんな事はありません。若い人でも高齢まで元気でいられるという事は100パーセント確実とは言い切れません。ですので、相続の相談や成年後見人について家族と話をしたいですね。

法律家に相談すると、相続や成年後見人について教えてもらう事ができます。

相続手続きをする時に

相続手続きを始める前にまずしておいた方がいいことが、相続人をはっきりさせておくことも大切なのですが、故人が一体どのような遺産を、どれくらい残していったのかという財産目録を作成しましょう。

誰が見ても一目でどういったものが遺産となっているのかがわかるようにしておけば、遺言書が出てきた時も話が進みやすいですし、もし遺言書がなくて、遺産分割協議になってしまった時にもそれを見ながら分配していくことができるので、非常に便利です。フォーマットは特に決まっていないので、なんでもいいのですが、自分で作るのが不安という人はネットで探せば書式が出てくるのでそちらを使用するといいでしょう。

相続手続きで忘れてはならないこと

相続というのは、次の世代へ大切な財産を受け継いでもらう儀式ともいえます。もちろん、家族以外の人に相続することも可能です。特に相続に対しての想いがあるなら、遺言書を作成しておくのがベストです。

具体的な相続手続きになると、分からないことがあるかもしれません。疑問があれば、弁護士に無料相談で問い合わせるのも手です。そして信頼できる一番身近な人には、相続の希望を話しておくべきです。手続きでトラブルになるケースはほとんどありませんが、全くない訳ではありません。相続を通して家族が仲違いし、バラバラになってしまうことほど悲しい話はないでしょう。

相続手続きをするにあたって

故人が亡くなった後におこなわれる手続きとして、相続手続きがあげられます。相続人に選定された人たちは全員で集まり、どのように遺産を相続していくか納得するまで話し合わなければいけません。一人でも納得できない人がいれば家庭裁判所に出向き、調停を行わなければいけなくなります。

そうなってしまうと時間や費用がかかってしまいますので、できる限りはそのようにならないように、努めることが大切になります。遺産のトラブルを回避するために、専門の機関や弁護士などの法律家に依頼することも、一つの有効な手段となるでしょう。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.