相続の相談ができる機関や手続き

自分で書く遺言書作成

たとえ信頼のできる人であったとしても、遺言書作成を誰かに代筆してもらうという事はできません。遺言書作成をしてもらった後に自分で確認して問題がないという事を確かめたとしても、法律において自筆の遺言書作成とはみなされないみたいです。

一から遺言書作成をするのが大変だと感じている人は、例文などを参考にしてみるといいかと思います。必要箇所のみ文言を入れ替えるだけで簡単に完成させる事ができます。

例を参考にして遺言書作成を行うと、法的に有効な書式に基づいて行われている事が多いので、おすすめしたい方法です。常に自分がどの様に書きたいかではなくて、どう書くべきかという事を考えたいですね。

家族で争うことのない遺言書作成をするには

家族で争うことのない遺言書作成をするには、正式な公証人のもとで行うのが良いと言えます。というのは、個人で遺言書作成を行った場合には、その遺言書の正当性をめぐって、相続人間で争いが起きる可能性が高いからです。

自分は文章力があるし、パソコンも使えるのだから、遺言書くらいは自力で作成できると思っている方もおられるかもしれません。でも、この場合、まずパソコンで作成した遺言書は無効になってしまうという事実があります。このITが発達した現在において、まさかそんなことはないだろうと思われるかもしれませんが、これが事実なのです。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.