相続の相談ができる機関や手続き 相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成

預金以外もチェックされる相続税税務調査

もちろん相続税税務調査においては預金などのメインとなる資産をチェックされる事でしょう。しかし、相続税税務調査においては、つい見逃してしまいがちな細かい遺産について主にチェックが入ります。

ですので、税理士がいるから相続税税務調査は簡単にクリアできるだろうといい加減に考えるのではなく、他の相続人と協力しながら、丁寧に手続きを進める様にしたいですね。相続税税務調査では見落としなどが見つかる事も多いそうです。

もちろん、相続税税務調査までにしっかりと税理士とコミュニケーションを取るという事も欠かせないかと思います。故人のためにも、家族と力を合わせて、絆をより一層深めたいですね。

相続税税務調査で確認したい事

もし相続税税務調査において加算税や延滞税が発生しているという事が調査員によって発覚した場合には、どうすればいいのでしょうか。相続税税務調査では、追加で支払う税金があると分かるとショックを受ける人もいるかと思います。

しかし、相続税税務調査の際には早く切り替えて、加算税や延滞税の支払いについて詳しい事を調査官に直接尋ねる様にしたいですね。

相続税税務調査は調査官とじっくり話をする機会もあると思いますので、納税の期限や金額の事など分からない事については、聞いておきたいですね。相続税税務調査で発覚した申告漏れは後からどうする事もできませんが、これから行う加算税や延滞税の納税は徹底したいですね。

相続人全員で対応する相続税税務調査

一人ではなく、複数の相続人が存在する事が多いと思いますが、相続税税務調査においてはできるだけ全員が相続税税務調査に立ち会う様にしたいですね。くれぐれも一人の相続人に相続税税務調査の対応を任せてしまうのではなくて、みんなで情報を共有する様にしたいですね。

確かに、相続税税務調査は何か月も前から日時が確定していないので、都合を合わせるのが大変かもしれません。しかし、相続税税務調査を相続人全員で対応する事で、トラブルなども減らしたいですね。税理士がいてくれる場合であっても、片付けなどすべき事は多いと思いますので、負担をみんなで分ける様にしたいですね。無事に終了すればいいですね。

相続税税務調査を回避するためには弁護士や税理士に相談を

親や兄弟が亡くなった後、相続に関しては相続税申告書を管轄する税務署に提出する必要があります。ちなみにその際は個人で勝手に判断せず、弁護士や税理士に相談することをお勧めします。

相続税申告書には戸籍謄本、遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し、相続人全員の印鑑証明、相続時精算課税の適用を受けた相続人がいるときは、被相続人と相続時精算課税を受けた人の戸籍の附票の写しを添付する必要があります。

また、財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合には相続税を納税する必要があります。それらを管轄の税務署にてチェックし、適正でなければ相続税税務調査が入る可能性があります。

相続手続き・遺言書作成について

チェック

チェック本文です。

遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分)に関する記事情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分に関する記事以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は弁護士、司法書士事務所等の法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士事務所等の法律事務所があります。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.