相続の相談ができる機関や手続き

遺言書作成で自由に分配

もし、遺言書作成をしていない人が死亡した場合には、法律に基づいて分配される事になります。平等に分配できる事が考えられます。しかし、遺言書作成を行うと、家族以外の他人でお世話になった人がいるという場合にはその人に分配するなどという事も自由に行う事ができます。

また、家族の中でも特に誰か一人にたくさん分配したいなどという時には遺言書作成を行う事で可能になります。しかし、遺言書作成は自由に分配できますが、意味もないのに差をつけてしまうと、遺言書作成をしても、それがトラブルの原因になってしまう事もあります。

他の家族が納得できる様な理由がない限りは、できるだけ平等になる様に分配する様にしましょう。

遺言執行者を記載して遺言書作成

誰にいくら分配するという事を記載しているだけが遺言書作成ではありません。遺言書作成をするのであれば、遺言執行者を記載する様にしたいですね。遺言書作成をしても、実際に書類が開封され、分配が行われるのは自分がいなくなってからの事ですので、遺言書作成を行った通りに実行されているかという事を監督する人を設定する事ができます。

遺言書作成の時に、遺言執行者を誰にするか考えないといけませんが、身内であれば利害関係が関係するので、相続に全く関係のない他人の弁護士などにお願いしておくといいみたいですね。安心してお願いする事ができる遺言執行者が見つかれば、お任せする事ができそうですね。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.