相続の相談ができる機関や手続き

遺産分割協議がまとまった後にすべきこと

遺産分割協議がまとまった後は、その合意内容を紙に書いて遺産分割協議書として残します。この協議書には書式や形式の面で決まったルールはありません。

ただ内容に関しては、①土地や建物の不動産は登記事項証明書に記載されている通りに正確に記載すること、②預貯金、株式等の遺産や債務はもれなく記載すること、③代償分割の場合、代償金額と支払い期限を明確にしておくことなどがトラブルを防ぐために重要です。

できあがった遺産分割協議書は相続人全員の住所を記し、それぞれの署名と実印の押印が必要です。協議書は一通だけ作成することもありますが、通常は相続人の数だけ作成しそれぞれが保管するのが一般的です。

遺産分割協議を始める上での注意点

遺産相続に際し、相続人全員で分割方法を話し合う場が遺産分割協議です。不十分な準備で協議を始めると、話がまとまらなかったり、相続人同士がもめることもあり注意が必要です。協議で合意に至らない場合は家庭裁判所で遺産分割の調停を行います。

遺産協議を始める場合、まず相続人が誰であるのかを確定します。合意後に新たに相続人が現れると、またはじめから協議をやり直さなければならなくなるからです。まずは戸籍謄本などで相続人を確定させましょう。 次に相続の対象となる財産を確定し、財産目録を作ります。それに基づいて協議を行い、合意内容をまとめた遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議の失敗例

遺産相続には、きちんとした法律のルールがあります。ですので、そのルールに則ったうえで分割していきます。そのための協議を遺産分割協議といいます。  しかし、遺産分割協議はしっかり行わないと失敗してしまいその結果としてとトラブルになってしまう場合もあります。失敗例の一つとしては、配偶者が自分の財産を確保していなかったというケースがあります。

 配偶者が生活の本拠となる住宅・生活の原資などになる預金ないし不動産などの遺産の相当部分を確保しないと将来的に介護してくれる人もいない状態になる可能性もあります。  財産を確保したうえで、将来自分の介護をしてくれる人に財産を残すことが望ましいでしょう。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.