相続の相談ができる機関や手続き

相続手続きにおける必要書類について

遺産相続のときに必要な書類は次のとおりです。被相続人の必要書類は、被相続人の戸籍(除籍)謄本、原戸籍謄本、被相続人の父母の除籍謄本、被相続人の戸籍の附票、住民票の除票などです。

相続人の必要書類は、相続人全員の戸籍謄本又は抄本、相続人全員の住民票、相続人全員の印鑑証明書などです。また、預貯金の払い戻しに関しては、預貯金の通帳定期預金証書・通帳、預貯金の残高証明書、金銭信託の残高証明書などが必要で、不動産や有価証券、その他についてもいろいろな書類が必要になります。

このように相続手続きには多くの書類が必要ですので、専門家に依頼する場合が多いのです。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.