相続の相談ができる機関や手続き

相続税税務調査を回避するためには弁護士や税理士に相談を

親や兄弟が亡くなった後、相続に関しては相続税申告書を管轄する税務署に提出する必要があります。ちなみにその際は個人で勝手に判断せず、弁護士や税理士に相談することをお勧めします。

相続税申告書には戸籍謄本、遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し、相続人全員の印鑑証明、相続時精算課税の適用を受けた相続人がいるときは、被相続人と相続時精算課税を受けた人の戸籍の附票の写しを添付する必要があります。

また、財産の価額の合計額が基礎控除額を超える場合には相続税を納税する必要があります。それらを管轄の税務署にてチェックし、適正でなければ相続税税務調査が入る可能性があります。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.