相続の相談ができる機関や手続き

相続と行方不明の家族

一緒に住んでいた家族も時間と共に別々に生活をする事もあるかと思います。相続の際に行方不明の家族がいるのであれば、注意深く進める必要がありそうです。

行方不明の家族といっても、普段電話で連絡をしていて、番号を変更し連絡が取れないのは、相続において行方不明とは言えません。引っ越しをして住所に手紙を送っても届かないケースも同様だと考えられます。

相続は法律と結びついており、きちんと戸籍を追跡する事も行った上でわからない場合にようやく行方不明となります。少し連絡が取れないだけで勝手に行方不明と決定する事はできません。

身内の問題である相続ですが、実際に相続は自分達の判断だけで行えない部分もあります。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.