相続の相談ができる機関や手続き

相続と行方不明の家族

一緒に住んでいた家族も時間と共に別々に生活をする事もあるかと思います。相続の際に行方不明の家族がいるのであれば、注意深く進める必要がありそうです。

行方不明の家族といっても、普段電話で連絡をしていて、番号を変更し連絡が取れないのは、相続において行方不明とは言えません。引っ越しをして住所に手紙を送っても届かないケースも同様だと考えられます。

相続は法律と結びついており、きちんと戸籍を追跡する事も行った上でわからない場合にようやく行方不明となります。少し連絡が取れないだけで勝手に行方不明と決定する事はできません。

身内の問題である相続ですが、実際に相続は自分達の判断だけで行えない部分もあります。

空き家もしくは空き地を相続

誰も使用していない空き家もしくは空き地について、故人が所有している物である場合には相続する事ができます。

相続の際には、空き家もしくは空き地をそのまま自分達で利用するという事もできますし、また売却してそのお金を相続するのもいいでしょう。実家が空き家もしくは空き地になってしまったりする事というのはよくある事かと思います。

空き地はそのまま売却できますが、空き家の場合には活用方法を選択しないといけませんね。空き家もしくは空き地を相続する際には、どうしたいのか家族のメンバーの意志を確認する様にしたいですね。

くれぐれも勝手に相続の手続きを済ませてしまうという事がない様にしたいですね。

相続手続きなどの流れについて

相続手続きなどの流れについては、トラブルがなければ非常に手軽なことがあげられます。しかしながら、トラブルがあった際には家庭裁判所へと出向かなければいけなくなり、調停にまで発展してしまうケースも珍しくなく、そうなってしまうと多くの時間と費用がかかってしまう可能性すらあります。

そのようなことを未然に防ぐことが重要になってきます。一番確実な方法としては、弁護士などの法律家に依頼し第三者としての助言や、進行役を依頼することが大切になります。このような役割を依頼することで解決できる事は数多くあるでしょう。

相続手続きに必要な情報を多く得たい

もっと多くの情報を得たいと思っているなら、基本的に専門家に相談した方がいいです。そして相談されている内容によって、かなり変わってくることもあると思ってください。相続手続きの場合でも、必要な情報は多くなっていますし、知らないと何もできないことが多く出てきます。

足りない情報は、専門家に教えてもらったほうが楽なのです。かなり多くの情報を得られれば、手続きをスムーズに進められる良さを持っています。足りない場合は、専門家の方に相続手続きについて教えてもらい、足りない書類などを教えてもらいながら考えていくのです。

相続手続きは弁護士を利用しましょう

相続手続きは期限などが決められているので、期限内に行わなければなりません。初めてで、どのような手続きをしないといけないのかわからないのでどうしたら良いのか困っている方が多いと思います。

そんな時には弁護士に相談をしてください。弁護士であれば、どのような手続きをすればよいのか、アドバイスをしてもらうことが出来ますし、代理で申請出来る場合は、代理でしてくれるのでとても便利です。無料相談を行っている弁護士事務所が多いので、相続手続きの事でわからないことや、困ったことがある場合は、弁護士に相談するようにしてください。

相続手続き・遺言書作成について

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.