相続の相談ができる機関や手続き

相続手続きの委任状とは?

相続手続きの委任状とは、自分以外の誰かに相続登記を代理してもらう時に使用します。基本的に誰でもできるので相続人の一人に代理でやってもらうことも可能ですが、司法書士と弁護人以外の人間がお金をもらって代理でするのは法律違反です。

委任状は不動産を取得する人が、他人に相続登記の代理を依頼する時に必要なものであり、不動産を取得しない人は必要ありません。

ただし、委任内容を他人が勝手に書き換えて、自分が意図しない内容に改ざんされることが無いように、例えば「署名欄は自分の直筆で書くこと」「捨て印を押さないこと」などのような注意点を、いくつか抑えておく必要があります。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.