相続の相談ができる機関や手続き

相続手続きの委任状とは?

相続手続きの委任状とは、自分以外の誰かに相続登記を代理してもらう時に使用します。基本的に誰でもできるので相続人の一人に代理でやってもらうことも可能ですが、司法書士と弁護人以外の人間がお金をもらって代理でするのは法律違反です。

委任状は不動産を取得する人が、他人に相続登記の代理を依頼する時に必要なものであり、不動産を取得しない人は必要ありません。

ただし、委任内容を他人が勝手に書き換えて、自分が意図しない内容に改ざんされることが無いように、例えば「署名欄は自分の直筆で書くこと」「捨て印を押さないこと」などのような注意点を、いくつか抑えておく必要があります。

遺産相続手続きは借金も相続します

遺産相続手続きを始めるうえで、被相続人の借金の有無をしっかりと調べることが重要な課題として位置付けられています。最近では、相続の際の借金のトラブルについて、様々なメディアで取り上げられることがありますが、時には弁護士や司法書士などの信頼のおける法律家からアドバイスを受けることが良いといえます。

また、遺産相続手続きの取り組み方に関して知りたいことがある場合には、信頼度の高い依頼先の仕事内容に目を向けることによって、忙しい生活を送っている人であっても、冷静に契約先を選ぶことができるといわれています。

決められた制度が多く存在する相続手続き

資産をもつ方が亡くなった場合において、残された家族などによって行われる相続手続きには、様々な種類の手続きが含まれており、定められた期限内で手順通りに行う必要があります。

相続人とされる家族などには、配偶者や両親、子どもなどが挙げられますが、遺言書の有無や、生前の関係性によって異なることがあり、相続人一人ひとりの権利が最低限守られるように定められている制度なども、数多くのものが関係します。またトラブルが発生しかねない問題でもあり、裁判所や弁護士の介入によって、手続きの進行や問題解決などが目指されることもあります。

弁護士にも可能な相続手続きの相談

相続手続きにおける問題として、遺産を受け取る権利を持つ相続人が複数存在していたり、遺言書の記載内容に偏りがあるなど、数多くの問題が発生する可能性も否定できず、なかなかスムーズに対処されないケースも多く見受けられます。

家庭裁判所などの介入によって解決が目指される場合もあり、より速やかに対処したい時には、弁護士などの法律専門家へ相談することも有効的です。無料での相談業務が取り扱われている機関も多く存在しており、特に大きなトラブルとして引き起こされかねない問題を未然に防げるよう、対策を行うことが可能となります。

トラブルの無い相続手続きの実現

相続手続きにおける遺産の問題については、様々な事情や課題が浮上してくるケースも多く見受けられます。資産を持つ方が亡くなった際に、残された家族は、遺産に関する手続きを自分達で行わなくてはなりません。

手続きには、正しい手順や定められた期限内で済ませなければならないなどの条件が数多く備わっており、個人的に速やかな対処を行うには困難な場合もあります。弁護士など、法律に詳しい専門家への相談を行う事により、正しく定められた手順や方法に沿った手続きが行えるようになります。大きなトラブルへの発展を防ぐためにも、速やかに対処したいものです。

相続手続き・遺言書作成について

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.