相続の相談ができる機関や手続き

相続手続きにおける遺言書の役割

遺言書とは被相続人が自分の死後において、自己の遺産に関する処分の取り扱いについての意思表示であり、その効力は遺言者の死亡の時から発生するものです。

その方式としては自分で作成する自筆証書遺言、二人以上の承認の立会いの下、公証人に遺言の趣旨を口授する公正証書遺言、さらに公証人一人と証人二人以上の前で封書を提出し、自己のものである旨を申述する秘密証書遺言などがあります。

尚、遺言者はいつでも遺言の方式に従って、遺言の内容を撤回することができます。この遺言書を残しておくことは相続手続きを考えた場合、残された者の間で無用のいざこざを回避する上でも有効な手段です。思い立ったら早めに弁護士などの専門家に相談することが大切です。

遺言書がない場合の遺産相続手続きについて(遺産分割協議書がある場合)

相続は突然に生じます。特に若年者や、50代ぐらいまでの人にとっては自分の死を明確に意識することは難しく、遺言書が残っていることはあまりありません。そのような場合、一番多い形は法定相続分での相続となります。

法定相続分で相続することは間違いではありませんが、80代、90代の相続人に相続の意志がないにもかかわらず、相続させてしまう場合は、経済的にも適当ではありません。そこでそのような場合には遺産相続手続きとして遺産分割協議書を利用する方法があります。遺産分割協議書で相続分を0として遺産相続手続きを行うほうが効率的なのです。下手に放棄などしてしまうとトラブルになるケースもあることから、ケースの見極めが必要です。

チェック

チェック本文です。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.