相続の相談ができる機関や手続き 相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成

相続手続きにおける遺言書の役割

遺言書とは被相続人が自分の死後において、自己の遺産に関する処分の取り扱いについての意思表示であり、その効力は遺言者の死亡の時から発生するものです。

その方式としては自分で作成する自筆証書遺言、二人以上の承認の立会いの下、公証人に遺言の趣旨を口授する公正証書遺言、さらに公証人一人と証人二人以上の前で封書を提出し、自己のものである旨を申述する秘密証書遺言などがあります。

尚、遺言者はいつでも遺言の方式に従って、遺言の内容を撤回することができます。この遺言書を残しておくことは相続手続きを考えた場合、残された者の間で無用のいざこざを回避する上でも有効な手段です。思い立ったら早めに弁護士などの専門家に相談することが大切です。

遺言書がない場合の遺産相続手続きについて(遺産分割協議書がある場合)

相続は突然に生じます。特に若年者や、50代ぐらいまでの人にとっては自分の死を明確に意識することは難しく、遺言書が残っていることはあまりありません。そのような場合、一番多い形は法定相続分での相続となります。

法定相続分で相続することは間違いではありませんが、80代、90代の相続人に相続の意志がないにもかかわらず、相続させてしまう場合は、経済的にも適当ではありません。そこでそのような場合には遺産相続手続きとして遺産分割協議書を利用する方法があります。遺産分割協議書で相続分を0として遺産相続手続きを行うほうが効率的なのです。下手に放棄などしてしまうとトラブルになるケースもあることから、ケースの見極めが必要です。

問題なく解決させたい相続手続き

遺産に関する相続手続きが必要となった場合において、遺言書の有無や、複数の相続人の間で巻き起こる相続問題など、様々な事柄が発生します。残された家族などが対象とされる相続人同士だけでは、問題が速やかに解決されないケースも多く見受けられ、弁護士や司法書士などの法律に詳しい専門家へ相談されることもあります。

また家庭裁判所が介入することによって展開が起こることもあり、相談できる機関などを上手く活用することによって、より大きなストレスが抱えられることもなく、法律に基づいた知識を基に、適切に対処されるようになるでしょう。

問題なく進めたい相続手続き

遺言書の有無や、複数の相続人によって引き起こされる問題など、遺産に関する相続手続きが必要となった場合は、面倒に思われがちな要素も多く含まれているものです。

死後に残された家族が対象となる相続人同士だけでは、問題がスムーズに解決されないケースも多く、弁護士や司法書士といった法律に詳しい専門家へ相談されることも有効的な手段として知られています。

また家庭裁判所の介入によって、新たな経穴方法が模索されることもあり、相談できる機関を上手く活用することで、大きな問題を回避させることができ、法律に基づいて適切に対処されます。

問題なく進める相続手続き

資産を持つ方が亡くなった場合などに発生する遺産の相続手続きには、様々な手順や、定められた期限が存在しており、正しい進め方による手続きが必要とされています。残された家族などにとって大きな課題となるだけでなく、相続人として対象になる方が複数存在していた場合などにトラブルを引き起こしかねないなど、様々な問題が発生するケースも多く見受けられます。

より速やかに解決させるためには、弁護士などへ相談することも効果的です。無料での相談業務として取り扱われていることも多く、法律に基づいた知識と共に手続きを進めることができます。

相続手続き・遺言書作成について

チェック

チェック本文です。

遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分)に関する記事情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分に関する記事以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は弁護士、司法書士事務所等の法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、司法書士事務所等の法律事務所があります。

ページトップへ戻る

copyright©相続の相談ができる機関や手続き.All Rights Reserved.